カテゴリ
全体
音楽
季節
時代
聴覚障害
本・読書
未分類
以前の記事
2015年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ


秋の京都

2008年10月26日、
京都の秋はまだこれからでした。

小雨後曇りの空模様でちょっと肌寒い。

清水寺は、三度目か四度目で、
いつもながら参拝客が多い。
入場券を見るとちょっとしゃれた紙に、
秋ヴァージョンの装いで、
おお、金かけてんな!
と感心する。

嵐山に着いたとて、
取り立てての感激は無く、
いつかどこかで見た風景の中に降り立った気分である。

「京都嵐山美空ひばり座」と改名した、
「美空ひばり館」があって、
知らず、ちょっと驚く。
入らなかったので、何故ここに?
の謎はそのまま。

嵐山のトロッコ列車は、知る人ぞ知るで、
私は知らない人でした。
保津峡に沿い、旧山陰本線を利用した路線で、
五両編成の内、一両がオープン車両で、
当日のような天気では本領を発揮できませんね。

16時50分トロッコ嵯峨出発の便でしたが、
この時期、遅い。
駅周辺のアップライトが味わえるのが特典ですが、
紅葉は未だです。
車窓から見下ろす保津川がちょっと陰気。
もっと明るければ、
峡谷の暗さも味わいがあったでしょう。

保津川下りは、乗ってみたい!
と思わせる。
結構浅瀬での波がここかしこに多くあって、
これは、スリル満点、涼感申し分なさそう♪
紅葉の中を下るのはどんなに気持ちいいだろう?
しかし、人が多いだろうな…

途中一二度、止まります。
上の方に、現在の山陰本線が見え、
そこでも止まっていました。
暮れる夕空をバックに車内の明るさが際立つ。

又、ハイキングコースの途中、
愛宕山の山頂にある展望台も見えました。
ガイドによれば、東に向かえば、
高尾との事。
二十年以上も前にぶらりと神護寺を訪れた際には、
紅葉の真っ盛りの中、人影少なく、
静かな京の山奥をたっぷり堪能できました。
明恵上人の心遣いに感謝したものです。

亀岡に着いた頃はとっぷりと暮れていました。
天気不良、時間遅し、でも、
ほぼ満員。
盛況の事業で、
保津川下りが出来なかった方への慰めとして十分か、
もしくは、悔しさ未練倍増でしょう。

ここから高速までが、又、長く、
ちょっと転寝してもまだ暗闇の中を走っており、
道に迷ったのではないか?
と不安になったりする。
ようよう高速の明かりの中へ入ってホッとするも、
まもなく、渋滞で延々と続くテールランプの明かりを見たら、げんなりでした。
[PR]
by kimipoem | 2008-10-30 22:13 | 季節
<< いろいろ本を手にして 聞く楽しみを >>