カテゴリ
全体
音楽
季節
時代
聴覚障害
本・読書
未分類
以前の記事
2015年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ


<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2005年初夏の手前

予定に追われたり、仕事以外で人と会って話したりする日々が続くと、
一人で静かにゆっくり、気ままに過ごしたくてたまらなくなる。
孤独癖と言われても、「そうだね」と素直に肯ける。

振り返ってみれば、そういう時間の方がより多くいろいろ思い返されるような気がします。
忙しい時はあっという間に過ぎ、なかなか思い出せないことが多いけれど、
ゆっくりとした時間は、そうそうあんな時が、こんな事があったと思い出せる。

例えば、日曜日の朝。
この頃は、共働きなので家事に追われ、あっという間に昼になる。
子どもが幼い頃はそうではなく、かみさんが家事をしている間、
子どもを連れて、街や通りや、土手でゆったりと時間を過ごしていた。
途中で買ったお菓子を一緒に頬張りながら、
子どもの目線で、それまで気づかなかった風景の切れ切れを発見して楽しんでいた。
時には子どもと一緒に昼寝をしたこともあった。
それくらい何にもない過ごし方をしても、充実した一日を過ごした実感があり、
この頃のように、休んだ気がしない、のとは雲泥の差です。

「わが人生の時」と言える時間をすこしでも多く持って、
いくらでも思い返して、飽くを知らない風でありたいと思います。

さて、目を今の街に戻しましょう。
桜はとっくに葉桜になり、
ハナミズキやつつじが咲き出しています。
バトンタッチをするように様々な花が次々と咲いていくのは、
本当に気持ちを、明るく、前向きにしてくれます。
体具合が思わしくなく、この時期が嫌いな方もいるけれど、
この時期のこんな様を、率直に味わえる自分の幸せをかみ締めた次第。
ご近所のツバメたちも帰っていました。
近くの山では、野鳥たちがかしましいだろうな、と想像する。
川面のきらめきも、初夏を思わせます。
そうそう、車での出勤も、次第にバイクの方に移ってきていました。
出勤時には、又、今年も会える顔があって安堵することもあれば、
新顔に「やぁ~、初めまして」と声をかけたくなる方もいる(笑)

服を替え、布団を替え、ストーブなどの家具を替え、いろいろ忙しいけれど、
それも楽しい、と言える境地に早く達したいな。
もう、四月も終わり、五月になってしまった2005年の春、
あなたは、元気ですか?
[PR]
by kimipoem | 2005-05-03 22:50