カテゴリ
全体
音楽
季節
時代
聴覚障害
本・読書
未分類
以前の記事
2015年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ


<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聞く楽しみを

聞く楽しみを持たないわけではありませんが、
楽しめる時が殆ど無い。

難聴ですと、何かをしながら聞くということが出来ません。
話をしながら仕事をするとか、
家事をしながら話をするとか出来ないのです。
する事を止めて、聞くことに専念せねばならなくなる。

それでも、よく聞こえないことがあって、なお更悲しくなりますが、
それはさて置き、勝手に一人で居られた独身の頃が一番よく、
聞くことを楽しめていたと思います。

高校から大学時のラジオや、
仕事をし出してお金に余裕が出来、レコードを買えた頃が、
そういう幸せの絶頂でした。

家庭に入ると、いつ誰が話しかけるやら分からず、
話しかけてきたらそちらを優先せざるを得なくなるので、
ヘッドホーンをかけて、周りから遮断された世界に入るのは、
無理が生じます。

加えて、歳と共に大きくなる耳鳴り。
必要なとき以外は、耳を休めようという気持ちに傾きます。

そんなわけで、音を消して、
テレビを見たり、DVDを見たりしています。
本を読むのが一番無難…

その読書にも、聞く楽しみがまとわりついています。
在京ラジオ「読書番組」盛況
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20080709bk0a.htm
(2008年7月9日 読売新聞)

NHKの私の本棚や日曜名作座を楽しんだこともあり、
民放も含めていろいろな声を楽しんだこともあります。
そういう思い出を持ちながら、聞けない今だけに、
こういう記事は泣ける…(笑)

好きな声を聞きながらゆったり時を過ごす、
なんて、ものすごくうらやましい!
嫉妬を感じるくらいです。

書きながら、関光男さんのお声を思い出し、
涙が出そうになる。
馬場こずえさんのお声にもたくさん元気を貰ったっけ♪

なんかね、お気に入りの声を探したくて、
閉じこもりたくなりました(爆)

〉音を消して、テレビを見たり、DVDを見たりして
居るところに、家族が来て音を出し、
それが聞こえたりすると、意外なスイッチオンがかかります。

「田舎に泊まろう!」を見ていると、
途中から、音楽入りになる事がある。
下条アトムさんの時には、「思い出のグリーングラス」がかかり、
麻丘めぐみさんの時には、カーペンターズが聞こえてきた。
カーペンターズくらいになると、
娘が「アッ、この曲知ってる!」と来る。
「思い出のグリーングラス」だと、こっちが突っ込む。

そんな時、聞こえる能力が少しでも残って良かった、
と本当に思います。
聞く楽しみ、どうぞ、私の分まで楽しんでください。
[PR]
by kimipoem | 2008-07-27 22:30 | 聴覚障害

わが身から時代を見る

格差社会と巷間でよく言われるようになってきています。
なら、自分はどこに…?
おそらく、下の方であろう。
年々、所得が減ってきている。
なんとはなしに、
ボーナスが貰えるか貰えないか?
という辺りで、線引き出来るような気がします。

バブルの頃は、経営が苦しくとも、まだ、注文があったが、
バブルの後始末の後、具体的に言えば、
銀行等の倒産があり、
諸会社の中に、何とかホールディングという社名が広がりだした頃、
辺りだろうか、段々と仕事の絶対量が減ってきた。

原油を始めとする諸原料の高騰による不景気が加速している現況を、
今の勤め先の在庫に見ることができます。
その在庫は、各社や各店舗で用いられる伝票類です
それまで、幾らかあった工場内の仕掛品がサーッと潮が引くように無くなり、
入ってくる注文は、小口で急ぎのものばかり。
どこも無駄を省くと言えば聞こえがいいが、
言い方を変えれば、余裕が無くなっている。
文字通り、先が見えない毎日が続いています。
仕掛かり在庫がまだ幾らかなりともあれば、余裕であり、それらをする明日も見えたのですが。

減っていく所得、高騰していく諸物価、となれば、
昔学んだエンゲル係数を思い出します。
あれは、社会の進歩の目安であったが、そうであれば、
今は、確実に後退していると言える。
自殺者の増加も、その証でしょう。
人心の荒廃については、また、別の機会に触れます。

ここでは、日々家計簿をつけて思うことを記してみる。
エンゲル係数は、確かに我が家でもウナギ上りですが、
衣食住費以外のもので、自分が生きるに本当に必要なものか?
と問いたいものが多々ある。
自動車、生命保険、携帯電話等を、ばっさり切り捨てれたらどんなにいいか…

自動車の維持費が総額でどんなにかかっていたか…
生命保険は、明らかにかけ方を間違えていた。
そのかけ方を含め、お金の使い方を若かりし日の自分にキチンと教えたい。
携帯電話、功罪いろいろあって、意見が大きく分かれるけれど、
無ければ、不便なだけで、我が家でたちまち暮らしが困る事は無いように思える。

その他、教育費、やっぱり高く感じます。
将来の日本を支える経費ともいえるのですから、
もっと公費でまかなうべきでしょう。

一般経済で消費の冷え込みは大きな問題ではあるが、
一個人として、
車が無くても暮らせる生活、
生命保険が無くても安心な社会保障、
安い教育費、
は、相当な魅力です。

公共の社会基盤が整備され、きちんとした最低限の生活が保障されるのなら、
税金が高くてもいいと思う。
しかし、その税金の使用での不正があまりにも多過ぎる。
まだまだあるはず、としか思えないこの頃のニュース等です。

社会一般の問題を論ずれば、まとまりがつかないので、
自分の仕事や我が家の家計簿をにらみながら、
ちょこっと、書いてみました。
[PR]
by kimipoem | 2008-07-06 16:23 | 時代